中枢神経外来

脳卒中後の麻痺、パーキンソン病などに対して脳の治療を行っていきます。
中枢疾患の治療として世界的に有名な鍼治療YNSAを中心に、オゾン・マグネ療法、グルタチオン点滴、ラクリス治療などを組み合わせることで、少しでも現在の症状からの改善を目指します。


当院での基本治療指針

  1. オリゴスキャンによる体内栄養・毒物・腸チェック→それに合わせた栄養・解毒プログラム
  2. 鍼治療・マグネ療法・電気刺激療法・ハンド通電療法
  3. 幹細胞上澄み液~脳細胞の再生、改善を図る
    上記3点が基本治療になります。
  4. オゾン・マグネ療法~脳血流の改善を図る
  5. グルタチオン点滴~パーキンソン病の場合考慮
  6. その他~コンフォートサポートソックスなど

前の記事

心の外来