下痢・腹痛外来

あなたは、突然襲ってくるおなかの痛み、下痢におびえ、日常生活を制限されていませんか?
もしそうなら、あなたは「過敏性腸症候群」かもしれません。
過敏性腸症候群とは小腸や大腸に病気などの異常が見つからないのに、便通の異常や腹部の不快な症状が続く病気のことです。
当院では特に下痢型(腹痛や腹部の不快感がある慢性的な下痢・1日に何度もトイレにいく)の治療に特化しています。
突然来るおなかの痛み、下痢におびえず、好きなものを食べ、好きな場所に行き、ストレスのかかる場面と対峙できるようになり、責任のある仕事にチャレンジできる。そんな毎日を共にめざしませんか。

当院での基本治療指針

  1. オリゴスキャンによる体内栄養・毒物・腸チェック→それに合わせた栄養・腸内改善・解毒プログラム
  2. オゾン・マグネ注腸治療
    上記2点が基本治療となります。
  3. 腸心セラピー~メンタル的な問題が大きい場合
  4. 突然の腹痛が多く日常生活が妨げられる場合~腹部刺激装置(現在特許出願中)
  5. ラクリスマッサージ
  6. その他~漢方薬等

前の記事

中枢神経外来

次の記事

痛み外来