こもれび式脳回復HOM療法

    こもれび式脳回復HOM療法とは、
    ➀脳血管内科医、金澤武道先生の考えられた脳梗塞からの回復を目的とした「金澤点滴療法」と
    ➁脳治療のパイオニアである名古屋フォレストクリニック院長の河野和彦先生が30年以上の臨床経験から生み出した「コウノメソッド」
    の2つの理論をもとに、「出来るだけ安く」、「出来るだけ安全に」、「継続可能なものを」という視点で作成したこもれび独自の治療メソッドです。

    脳卒中後、また脳卒中予備軍の人は、4つの問題を抱えているとされます。

    こもれび式脳回復HOM療法

    よって治療方針は、以下の4つとなります。

    こもれび式脳回復HOM療法

    これに対して、当院では科学的データも考慮して、水素(Hydrogen)、オゾン(Ozone)、磁気(Magnetism)の3つを使ったHOM療法を提唱しています。

    こもれび式脳回復HOM療法 〈詳細解説〉
    • 水素吸入~抗炎症作用(Ohta S. 2014)・抗酸化作用(Ohsawa I et al. 2007)・血管拡張作用(循環促進Ohsawa I et al. 2008)を持つ
      ・水素はヒドロキシラジカルなどの有害な活性酸素種から血管内皮細胞を保護(Sakai T, et al. 2014)
    • オゾン療法(点滴及び注腸)~血管拡張、血栓形成抑制作用、血小板凝集抑制作用などの血行促進作用を持つ
      ・ヨーロッパオゾンガイドライン適応症~末梢動脈循環障害、脳卒中後脳循環障害
    • 交流磁気治療~厚生労働省より、血流促進が認められている医療機器
      ・ポーランドウッチ大学:磁気治療により脳梗塞のリハビリ効果が促進の報告(Cichon N, et al. 2017)

    これらを合わせて、
    対策1:抗酸化
    対策2:抗炎症
    対策3:動脈血管拡張
    対策4:血小板凝集抑制対策
    を行っていきます。

    料金

    11,000(水素吸入1時間+オゾン注腸療法+交流磁気治療)
    *オゾンを注腸から点滴に変更する場合11,000プラスとなります。
    *別途家庭用治療として漢方など処方する場合あり

    副作用

    副作用等はそれぞれの治療法にてご確認ください。

PAGE TOP