アルファコイル

脳波(脳が発生する微弱な電気活動を増幅して記録したもの)は、周波数帯域ごとにδ(デルタ波:1〜3Hz)、θ(シータ波:4〜7Hz)、α(アルファ波:8〜13Hz)、β(ベータ波:14〜30Hz)に大別されます。これらは私たちの日常、状況に応じてそれぞれが混在しており、簡単に説明すると以下のようになります。

  • β波:活動時に出現する。特に緊張した状態では、β波のみになる
  • α波:リラックスした閉眼安静時に出現する。瞑想の達人は瞑想中α波のみとなる
  • θ波:うとうとしてきた時出現する
  • δ波:深い睡眠になると出現する

いつも忙しく働き、電車内で座ったときや家で一息つくときもスマホを見続ける現代人は、脳が常にβ波優位の緊張状態にあります。
それに伴い自律神経や精神を病む人などが非常に増え、今や社会問題になっています。よって、少しでも脳が落ち着くように、つまりα波優位な時間を作ることが勧められています。
しかし、β波優位の人がリラックスしようと目を閉じても、α波は5~10%程度しか増加せずβ波優位が続きます。
ところが、アルファコイルはこのような過緊張の現代人を速やかにα波優位の状態にすることができます。
アルファコイル開発者の橋本健理学博士は、アルファコイルを装着し8Hzのパルス電流を10分程度流した結果、α波が90%以上になったと報告しています。


こもれびの診療所においても、アルファコイルを使用した患者様から「とてもリラックスできた」「心が楽になった」「ぐっすり眠れるようになった」「涙があふれてきた」など、α波やθ波、δ波が増えたと思われる感想を多数いただいています。


アルファコイルによる願望実現

私は、アルファコイルを使って潜在意識を利用し、夢をかなえるという方法も行っています。
私たちの意識には、「顕在意識(けんざいいしき)」と「潜在意識(せんざいいしき)」があります。
「顕在意識」とは、普段私たちが何かを考えるときに自覚できる意識です。
一方、「潜在意識」とは、自覚されることなく心の奥に潜んでいる意識のことを意味します。
これらはよく「海に浮かんだ氷山」に例えられます。
氷山は海面に出て見える部分は全体の1割程度に過ぎず、残り9割は海面下に沈んでいて見えません。
これと同じように、顕在意識は表面の1割程度で、大切な潜在意識はほぼ水面下の氷山のように隠されているといえます。
本来はこの隠れた9割の潜在意識こそ願望を実現に導く強い力を持つのですが、私たちは通常1割程度の顕在意識の中でのみ試行し、本来それよりはるかに大きな力を持つ潜在意識は使えていない、というのが現状なのです。
では、どうすればこの潜在意識を有効活用できるのでしょうか?
その方法の一つが「瞑想」です。
瞑想し、顕在意識の働きを抑えることができれば、顕在意識の下にあった潜在意識の存在を認識することができます。
これができるようになると、様々な恩恵がプラスされます。
実際、瞑想の有効性は科学的に証明されているため、現在ではグーグル、アップル、ヤフー、メルカリなど多くの大企業で取り入られています。
ただし、瞑想は1回ですぐに潜在意識が活用できるのかというと、そうではありません。
最初は顕在意識が邪魔をして思考の波が押し寄せてくるので、潜在意識を活用するまでには時間がかかります。
しかし、このアルファコイルを利用すれば速やかにリラックスした状態ができるため、短時間でベテラン瞑想家のような状態を作り出すことができるのです。
アルファコイルを使うことで速やかにα波優位のリラックスした状態になるのですが、私はさらに、この状態で患者様たちに「ワクワクできる想像」を行ってもらうようにしています。
潜在意識下では、「こうしたい」「これがやりたい」と願望をかなえることができるといわれています。
よって潜在意識優位になるアルファコイル使用中は、患者様に自分の希望、願望をより具体的に想像してもらうようにしています。
ただ、ここで大切なのが時制です。
潜在意識は、過去、現在、未来という区別はなく、常に「現在」のみを見るといわれています。
ですから「病気が治りますように」と未来に願えば、それを現在に置き換えると「今の私は病気です」となってしまいます。現在だけを認識する潜在意識は、病気である現在の状態を続けさせようとする危険があります。
よって、この場合は「健康になった。ありがとうございます」という現在完了形の言葉と共に「現在元気に走り回っている自分」を想像してもらいます。
それが難しい場合は「どんどん健康になっている」という現在進行形に置き換えて、元気になる、立ち上がる、歩ける、走れる自分を想像してもらいます。
そうすると、潜在意識が自動的にその人の望む形に引き寄せてくれるのです。
現在苦しい人は、そのような想像は難しいと思うかもしれません。
しかしアルファコイルを行っているとポジティブな想像はスムーズにできます。
アルファコイルを行う場合は、リラクゼーションに加えて、ぜひ自分の願望をかなえる時間にもしてほしいと願っています。
治療回数~決まった回数はありません。交流磁気治療などに組み合わせてぜひ体験してみてください。
今まで体験したことのない不思議な気持ちの良い体験ができると思います。