有機酸検査(OAT)

有機酸検査(OAT)とは、尿中に排泄された74種の有機酸化合物の量やバランスを検知する検査です。
ここで測定される有機酸化合物には、体内の生体プロセスやクエン酸回路(体内におけるエネルギー生産システム)に必要な代謝物、腸内細菌生成産物、ビタミン代謝産物などが含まれており、これらを分析することで以下を調べることができます。

  1. クエン酸回路を行うミトコンドリア内のエネルギー産生機能が障害されていないか?
  2. 腸管内の悪玉菌や真菌(カビ)の過剰増殖はないか?
  3. ビタミン類、グルタチオンなどの栄養素欠乏はないか?
  4. 三大栄養素(タンパク質・脂質・炭水化物)がうまく使われているか?
  5. 神経伝達物質(ドーパミン、ノルエピネフリン、セロトニン)の産生バランスは大丈夫か?
  6. メチレーション回路(解毒システム)はきちんと動いているか?
  7. 体内の炎症は大丈夫か?

なお、上記システムに異常がある場合は、

  • 長く続く下痢・便秘
  • イライラや不安感などの気分変調
  • うつ症状
  • 疲れやすい
  • 肥満・メタボ
  • アレルギー症状
  • 自己免疫異常
  • 冷え性
  • 睡眠障害
  • 発達障害

などが見られます。
よって原因不明でこれらの症状で苦しんでいる場合は、一度有機酸検査を考慮してもよいと思われます。

検査方法

朝一番の尿を採取し、カップに入れて3時間冷凍保存した後、指定機関に送るだけです。なお、有機酸検査は米国の検査機関で測定されるため、検査結果が出るまでは約4週間ほどお時間をいただくことになります。

検査結果

全ての検査結果を院長が解析しレポートを作成した後、下記の内容を行います。

  1. 検査結果の詳細な解説
  2. 治療方針説明/生活指導
  3. 食事指導
  4. 必要時サプリメント処方(サプリメント代は別途)