統合医療メニュー

Bスポット療法

Bスポット療法 〜慢性上咽頭炎のための治療〜

Bスポットの「B」は「鼻咽腔」の「ビー」を指す和製英語です。世界的な治療ではなく、日本でしか行っていない治療です。現在Bスポット療法の学術団体(日本病巣研究会)ではEAT(Epipharyngeal Abrasive Therapy、上咽頭擦過治療)と呼ばれています。
この治療は歴史的には非常に古く、1960年代山崎春三先生(大阪医大初代耳鼻科教授)および堀口申作先生(東京医科歯科大初代耳鼻科教授)が開始した治療法です。収れん作用(止血、鎮痛、防腐、殺菌作用)を持つ1%塩化亜鉛溶液を染みこませた綿棒を上咽頭に擦りつけることで、上咽頭の炎症を鎮静化させます。
…[続きを読む]

催眠療法

催眠療法(ヒプノセラピー:hypnotherapy)とは、催眠誘導という手法を使って、普段よりも深いレベルで潜在意識と繋がることにより、今抱えている心身の問題の答えを見つけていく心理療法です。現在、米国ではカウンセリングと同じように、一般的に利用されている安全な療法です。 当院では、特に恐怖心、トラウマ、うつ病、人間関係など今抱えている問題の原因となっている過去の出来事へさかのぼっていく退行療法(年齢退行療法・胎児期退行療法・前世〈過去世〉退行療法)を中心に行います。 まず丁寧な事前カウンセリングを行い、ご希望を尊重しながら、あなたのその時の状態に一番ふさわしい療法を選んで、催眠療法を行っています。 とても感動的な体験です。ぜひ一度経験ください。 リスクと副作用:特になし 治療回数:1~3回

リスクと副作用:特になし

治療回数:1~3回

Ruklease(ラクリス)

『ラクリス』は、独自開発の4D電流による「立体的トリートメント」によって、深部の筋膜まで素早くアプローチする筋膜トリートメントシステムです。施術を受けた方がよく口にする「新感覚」という言葉が示す通り、体験者の多くが感動と驚きを実感する革新的な筋膜トリートメントとなっています。熟練の技術者と同じようなプロフェッショナルの仕上がりを瞬時に実現出来る『ラクリス』をぜひ体感ください。

…[続きを読む]

オリゴスキャン

手のひらを吸光光度法によりスキャンする事で、組織や血管壁に沈着している有害金属14元素と必須・参考ミネラル20元素を非侵襲・迅速に測定する画期的なシステムです。光を使用しての測定のため、採血する必要はなく痛みは全くありません。
これを行うことで、現在の栄養状態(ミネラルバランス)、および毒物蓄積状態が瞬時にわかり、それに対して種々対応することができます。当院では基本全員の検査をお勧めしています。

アルファコイル

脳波(脳が発生する微弱な電気活動を増幅して記録したもの)は、周波数帯域ごとにδ(デルタ波:1〜3Hz)、θ(シータ波:4〜7Hz)、α(アルファ波:8〜13Hz)、β(ベータ波:14〜30Hz)に大別されます。これらは私たちの日常、状況に応じてそれぞれが混在しており、簡単に説明すると以下のようになります。

  • β波:活動時に出現する。特に緊張した状態では、β波のみになる
  • α波:リラックスした閉眼安静時に出現する。瞑想の達人は瞑想中α波のみとなる
  • θ波:うとうとしてきた時出現する
  • δ波:深い睡眠になると出現する

いつも忙しく働き、電車内で座ったときや家で一息つくときもスマホを見続ける現代人は、脳が常にβ波優位の緊張状態にあります。
それに伴い自律神経や精神を病む人などが非常に増え、今や社会問題になっています。よって、少しでも脳が落ち着くように、つまりα波優位な時間を作ることが勧められています。 …[続きを読む]