こもれびの診療所の治療~山元式新頭鍼治療(YNSA)

   

こもれびの診療所では、さまざまな補完代替医療を行っておりますが、今日はその中でも私が最も得意とし、またコア治療として行っている「山元式新頭針療法(Yamamoto New Scalp Acupuncture=YNSA)」について少し紹介させてください。

これは、宮崎県の医師、山元敏勝先生が創案された療法で、その名の通り治療点を頭部に求める鍼治療です。

日本発のこの治療は、ドイツ・アメリカ・ブラジルを始め14カ国で医療として導入され、また世界6大陸すべてで実践されています。その治療効果の高さからハーバード大学医学部やドイツのケルン大学でも高く評価され、世界各国で数万人以上の医療従事者が実践しています。

YNSAが世界中に広がった理由は、適応疾患の幅広さと、症状改善の即効性にあります。

加藤は、この治療法を創始者の山元敏勝先生から日本で唯一の直弟子として、3年間マンツーマンで学び、以後10年以上にわたって年に数回宮崎を訪れ修行を継続しながら、同時に多くの患者さんに実践しています。

ただし、YNSAは魔法ではありません。脳神経疾患の患者さんが、発症する前の状態に戻すすことはなかなか難しいです。しかし、リハビリに行き詰まった方が、来院前よりも改善する可能性が高い治療法でもあります。

ぜひ、現在の治療で行き詰っている方は、YNSAを頭の片隅に覚えて穂いてほしいともいます。

なお、恩師山元医師が講演会において必ず言われることは、「この鍼で困っている人を助けてあげてください」という言葉です。

師から学んだこのYNSAを、この言葉を胸に、これからも、私とご縁のあった患者様たちに少しでもハピネスをお渡しできるように頑張りたいと思います。

 

【適応疾患】

*脳卒中後の後遺症状  *中枢神経疾患の諸症状  *肩、首、腰、膝などの痛み  *しびれ  *めまい  *耳鳴り  *不安、鬱傾向などの精神症状  

 

【副作用・リスク】

大きなリスクは特にありません。稀に鍼の恐怖で気分が悪くなる方がいらっしゃいますが、その場合は速やかに横になり、抜鍼することで改善されます。

 

【治療回数】

 疾患により異なります。痛みの場合は数回で完治可能な場合もありますが、脳梗塞後の麻痺など、難治性疾患の場合は繰り返さなければ対応できない場合もあります。

 

※   こもれびクルーである2名の鍼灸師と共に、「アキュゾーンセラピー」「モーションテスト」「経絡治療」などの鍼治療技術に加え、「トリガーポイント注射」「鍼電極低周波治療器」「交流磁気治療」なども併用し、それぞれの患者さんにあわせた最善のオーダーメイド鍼治療を行っています。

 





こもれびの診療所:https://komorebi-shinryojo.com/

電話:03-6806-5457
住所:〒116-0003 東京都荒川区南千住5-21-7-2F(旧日下診療所)
最寄り駅:南千住駅より 徒歩 3 分

PAGE TOP