アレルギー性鼻炎 3

   

大切なことなの前回も話しましたが、再度復習です。

東洋医学では、本治と標治という考え方があります。本治とは、その疾患の原因を根本的に治す治療、標治とは、今ある症状を改善させる治療(対処療法)です。

西洋医学でいえば抗ヒスタミン薬やステロイド吸入は標治、体質改善のためにスギ花粉などの抗原を体に注射し続ける治療が本治となります。

問う考えた時、こもれびの診療所では

「鼻腔内アレルギー&炎症改善吸入ネブライザー(ヒスタグロビン&ノイロトロピン吸入)」という治療を行っています。

これは、こもれびの診療所オリジナルの鼻腔内改善治療です。古くから使われ、安全性と効果が実証された二つの薬剤、ヒスタグロビンとノイロトロピンを当院オリジナルに配合し、鼻腔内に直接吸入することで炎症及びアレルギー症状の改善を試みるという、古くて新しい治療法となります。

これらの薬剤は、アレルギー体質を根本的に改善して症状を治す薬剤であるため、東洋医学でいう「本治療法」になります。

鹿児島大学耳鼻咽喉科教室の報告では、この2剤の鼻腔ネブライザー投与により有効率81.9%と非常に高い効果を示していました。当院ではこの論文報告をもとに、“Bスポット療法”と併用させることで、さらに高い効果が期待されています。

Bスポットは以前お話したので、今回は簡単にご説明します。

 

Bスポット療法

日本オリジナル治療で、50年以上の歴史のある治療です。

収れん作用(止血、鎮痛、防腐、殺菌作用)を持つ1%塩化亜鉛溶液を染みこませた綿棒をウイルスや細菌、花粉などが最も反応しやすい上咽頭に滑り込ませ、この部位の炎症をとることで、鼻炎を改善させていきます。東洋医学でいう「標治療法」ではありますが、自律神経調節作用など様々な効果も持つため「本治療法」的な効果も期待できます。

 

前日お話した、漢方薬に、吸入、Bスポット療法の3つを駆使して、アレルギー性鼻炎の症状及び体質改善を目指しています。

こもれびでしか行えないオリジナル治療、ぜひ、その併用効果を体感してください。





こもれびの診療所:https://komorebi-shinryojo.com/

電話:03-6806-5457
住所:〒116-0003 東京都荒川区南千住5-21-7-2F(旧日下診療所)
最寄り駅:南千住駅より 徒歩 3 分

PAGE TOP