ビタミンDとコロナ感染症

   

みなさんこんにちは。
本日は
ビタミンD投与による新型コロナ感染の重症度との関係についての10個の論文をまとめたものを紹介します



Does vitamin D supplementation reduce COVID-19 severity?
- a systematic review.
QJM. 2022 Feb 15:hcac040.
doi: 10.1093/qjmed/hcac040.
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/35166850/

簡単に言えば、コロナにかかった後ビタミンDを投与したら、コロナ感染の重症化がどれくらい楽になるかをまとめた論文です。

結果です。

死亡率 … 52%減
ICU入室 … 65%減
人工呼吸 … 46%減

素晴らしい結果です!!
なおビタミンDの投与方法、経口摂取、点滴静注 どちらもほぼ同等で、副作用のリスクもないと述べています。

これらの解析結果から、ビタミンDを投与することは新型コロナ感染重症化を防ぐ効果があると結論づけています。

とても高額なコロナのお薬や、副反応を心配するワクチンではなく、安全で安いビタミンDがこれほど力を発揮するという事実は、とても私たちに力をくれると考えています。

感染予防、重症化予防にぜひビタミンDをご検討ください。



こもれびの診療所:https://komorebi-shinryojo.com/

電話:03-6806-5457
住所:〒116-0003 東京都荒川区南千住5-21-7-2F(旧日下診療所)
最寄り駅:南千住駅より 徒歩 5 分

PAGE TOP