愛情ホルモン「オキシトシン」

   

私の大好きなホルモンに「オキシトシン」があります。
このオキシトシンさえ出ていれば、私達人類は幸せに満ち溢れた毎日が送れると思います。
なので、少しじっくりと今日はオキシトシンのお話にお付き合いください。

●オキシトシン
哺乳動物の愛をつかさどる神経ホルモンのひとつで、愛着行動(性行動、母子・男女間の絆形成、他人の記憶・識別)の調整に重要な役割を果たしています。

よって、オキシトシンが体内に多く生産されると、信頼する気持ち(友情、夫婦、家族に必須なもの)が強くなります。また男女の出会いも深めますから、恋愛の様々なプロセス「相手への信頼、ともに時を過ごす悦び、愛されている確証」も大きくしてくれます。(Esch T, “The Neurobiology of Love”, Neuro Endocrinol Lett 2005; 26, pp175-92

さらにオキシトシンは心血管系の強化、代謝機能の促進、鎮痛効果、抗炎症効果、抗ストレス効果などにも関与していることが報告されています。

動物実験では、性器や子宮頸管部に刺激を与えると、中枢、及び抹消でのオキシトシン濃度が高まります。(Samsone GR et al. “Vaginocervical stimulation releases oxytocin within the spinal cord in rats” Neuroendocrinology 2002;75, pp306-15)加えて、肌の接触や乳首を吸われる刺激が、オキシトシンの分泌を増加させることもわかっています。(Uvnas-Moberg K et al. “The antinociceptive effect of non-noxious sensory stimulation is mediated party through oxytocinergic mechanisms”, Acta Physiol Scand, 1993;149,199-204)つまりセックスは脳内のオキシトシン合成・分泌システムを活発にすることが出来るわけです。

なお、セックスだけではなく、普段のコミュニケーションでもオキシトシンは十分放出されます。パートナーからの感情面の援助の有無にオキシトシンは敏感に反応します。また、「手を握ること」「抱擁すること」「寄り添って座ること」「寄り添って寝ること」など夫婦間の情緒的援助でも、オキシトシンは増加していきます。(Grewen K W et al, “Warm partner contact is related to lower cardiovascular reactivity”, Behav Med 2003;29,pp123-30

女性の場合、夫との身体的接触(抱擁)の頻度が多いとオキシトシンの放出が増え、血圧値が低くなることが報告されています。伴侶や長年のパートナーからの感情面での支えが心臓血管系疾患のリスクを下げることも知られています(Knox SS, Univas-Moberg K, “Social isolation and cardiovascular disease: an atherosclerotic pathway?”, Psychoneuroendocrinology 1998;23, pp877-90))

実際に女性に15分間適度の強度のマッサージを行うだけで、血漿中オキシトシン濃度が上がることがわかっており、この場合、身体接触をしなかったグループの女性たちと比べて信頼関係が高まり、互恵の精神が高まっているというデータが出ています。(Morhenna V et al. “Monetary sacrifice among strangers is mediated by endogenous oxytocin release afterphysical contact”, Evol Hum Behav 2008;29,  pp375-83

もっとシンプルに言えば、自分を支えてくれる家族と団らんのときを大切にしたり、仲間と交流のときを持つだけで視床下部のオキシトシン発現を増加させることがわかっています。(Uvnas-Moberg K. “Physiological and endocrine effects of social contact”, Ann NY Acad Sci 1997;807, pp146-63)

そしてオキシトシンに体が満たされていくと私たちの「懸念」「不安」「恐れ」といった感情を抑制し、その結果、幸福感に浸らせてくれます。

怒りや憎しみはオキシトシン分泌を抑制する。一方他人を思いやり、社交性を高めることでオキシトシン分泌が刺激されます。

つまり、夫婦や家族が笑顔で、タッチングを行えば、オキシトシンが出て、さらに仲が良くなっていく。もちろん逆の負の連鎖も理解できるでしょう。

どうか今日も皆さんが、そして皆さんの周りがオキシトシン一杯でありますように。

最後までお読みいただきありがとうございました。
皆さんの今日がハピネス一杯でありますように。



こもれびの診療所:https://komorebi-shinryojo.com/

電話:03-6806-5457
住所:〒116-0003 東京都荒川区南千住5-21-7-2F(旧日下診療所)
最寄り駅:南千住駅より 徒歩 3 分

PAGE TOP