生きた菌 VS 死んだ菌

   

  • 整腸剤は生きた菌じゃないとダメなのか?

よく、「生きた乳酸菌が腸まで届く」というような宣伝広告を見ます。

確かに死んでいる菌より、生きた菌のほうが体によさそうですが、実際はどうなのでしょうか?

ロシアのイリヤ.メチニコフが報告した実験です。

マウスを

  • 生きた乳酸菌を加えたエサを与えたグループ
  • 加熱殺菌した乳酸菌を加えたエサを与えたグループ

に分けてどちらがよりよい生育を調査しました。

結果です。どちらも良い生育を示したのですが、②のほうが、よりよい結果が得られた、となっています。(『腸を鍛える~腸内細菌と腸内フローラ』 光岡知足 祥伝社 2015 PP89

この結果だけでどちらがいいとはもちろん言えませんが、ここで言えるのは乳酸菌は菌そのものだけではなく、乳酸菌が生成する物質(菌体成分や分泌物と考えられる)や死骸にも腸内腐敗を阻止し、マウスの成長をうながす因子が含まれている、ということです。

ということで、あまり「生きた菌」「死んだ菌」という議論ではなく、どのタイプであれ、善玉菌を積極的に摂取しよう!!というのが現時点での私の考えです。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。
happinessいっぱいの1日でありますように。



こもれびの診療所:https://komorebi-shinryojo.com/

電話:03-6806-5457
住所:〒116-0003 東京都荒川区南千住5-21-7-2F(旧日下診療所)
最寄り駅:南千住駅より 徒歩 3 分

PAGE TOP